Slowly

だらだら日記。っていうか月記?
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
<< テイルズオブヴェスペリアやってますた | main | どうしていつもいつも >>

キサラギ スタンダード・エディション [DVD]

じゅげむのブログにはレビュー機能というのがある。
もちろん前から気がついていた。
気がついていたが、レビューなんて書いたこともなければ、うまく伝える自信などない。
だが、ちょっとレビューなんちゅーものを書いてみようと思った理由は・・・。




ぶっちゃけネタがないからだ。



ああ、言っちゃったよ。ネタがないって。
なので、最近見た映画で面白かったのでご紹介してみようかと。

それがこの『キサラギ』

話の内容はというと。
1年前に自殺したD級アイドル、如月ミキの1周忌にファンサイトを通じて、ファンを名乗る5名の男がとあるビルの一室に集まってくる。
はじめは1周忌を暗いものではなく、明るく過ごそうと計画していたが、一人の男が告げる。
「ミキは、殺されたんだ」
如月ミキは自殺ではなく本当に殺されたのか。
もし殺されたのであれば犯人は誰なのか。

出演は小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅(ドランクドラゴン)、香川照之

さて、まず最初に言いたいことは。
私は小栗旬があまり好きではなかった。
顔だけの男でいい役者ではないと思っていたのだ。
まぁぶっちゃけ食わず嫌いだったことがわかる。

『キサラギ』でも小栗旬はとても輝いていたぜ!!

いい演技するじゃないかって思った。


さて、内容に移ろう。
でてくるのはほとんど5名のみで、場所も全く変わらずビルの一室のまま。
出演している5人の掛け合いで話が進行していく。

つまり、派手なアクションもないし、ワイヤーだのCGだの、壮大なスケールなんかはまったく無関係。
ラブコメでもないし、子役や動物がでてきてハンカチ必須なわけでもない。
はっきりいって地味だ。

だからこそ、演技力が要求される。
そういうことを楽しめるのであれば、この映画を好きになることが出来るだろう。

さて、内容をもう少し掘り下げよう。
「家元」はまったく売れていなかったD級アイドル、如月ミキのファンサイトを開いていた。
そのサイトに頻繁に訪れていたのは4名。
「オダ・ユージ」「スネーク」「安男」「いちご娘。」
もちろん皆ハンドルネームである。
そして如月ミキが突然の焼身自殺から1年。「家元」はサイトで呼びかけた。
「如月ミキの1周忌をしませんか?」
顔も知らず、素性などもわからない人間が5人、「家元」が用意したビルの一室に集まった。
如月ミキの思い出に浸り、純粋に楽しもうと思っていたそのとき、突然「オダ・ユージ」が言い出した。

「如月ミキは、自殺なんかじゃない・・・殺されたんだ」



サスペンスといってもいいが、サスペンスと言い切るには面白すぎる。
本格的なサスペンスをお求めの人にはお勧め出来ないだろう。

テンポのいい会話、二転三転するストーリー展開。そして意外な5人の素性が物語を面白くさせている。
難しいことは何もなく、見終わっても謎が残るようなこともなく、見事な完結が用意されている。

まぁぶっちゃけ言えば、久々に人にお勧めしてもいいと思える映画ってことだ。
こういうのってあれね。
昔「12人の優しい日本人」って映画(舞台にもなっている)があったけど、あれも面白かったけど、ちょっと似てるのかな。

アクション派手でどかーんとか、壮大なスペースオペラもいいけれど。
純粋に演技力だけ要求されるこういう作品は、どんどん増えてもいいんじゃないかって思う。
まぁ万人受けするかといえば違うだろうけど。
どちらかといえば、マニアック?オタク?
いやいやいや。ほんといい演技なんだってば。

もし機会あればご覧くださいませ。
気楽に見れる映画だと思いますハイ。
思うまま | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
この記事に対するトラックバック